いつも

消費者金融いつもの審査と審査基準、審査時間、在籍確認。審査が不安な方は必見!

2016年1月3日

中小消費者金融おすすめランキング
【まず確認】融資先は自分に合った業者を選ぶのがポイント!

柔軟な審査力だからでオススメできる「セントラル」「いつも「アロー

1位 セントラル

セントラルは最短30分で即日融資可能。過去に任意整理や特定調停、個人再生、自己破産をした方もまずはセントラルにご相談ください

2位 いつも

いつもは最短45分で即日融資可能。過去に任意整理や特定調停、個人再生をした方も審査対象、借入可能

3位 アロー

アローは最短45分で即日融資可能。過去に債務整理や自己破産した方もまずはアローにご相談ください

いつもの審査に通るための『審査基準を年収や勤続年数、他社借入、債務整理や自己破産』などをもとにご紹介します。

審査時間即日融資在籍確認なしの方法もあわせてご紹介しています。

ネット上にはいつもの長所にのみ焦点を当てて、とにかくいつもをオススメしているサイトもありますが、ここでは一切そのような事はしていません。

あくまで第三者の視点でいつもを検証しています。

いつもが本当にあなたに合った業者なのかを知りたいときに、ぜひこの記事を参考になさってくださいね。

いつも

融資上限額金利融資スピード担保・保証人
最大500万円4.8%~18.0%最短45分不要
自己破産債務整理債務整理支払い中
審査対象・融資可能
在籍確認の電話郵便物
なしも可能なし

※申込み条件:20歳以上で安定した収入のある方
※必要書類:本人確認書類として運転免許証や健康保険証等をご準備ください。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票や給与明細書)が必要となる場合があります。
※即日融資:必要書類が揃っていれば平日17:30までの申し込みで即日借入可能。
※契約日の翌日から30日または60日間の金利ゼロ(無利息)サービスを利用可能。

いつも公式サイトはこちら

いつもの審査

いつもに限らず中小の消費者金融は、大手では借りられない人と細く長くお付き合いをして利息を稼ぐのがビジネスモデルです。

大手消費者金融プロミスやアコム、アイフルを利用できない『複数の貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)から借入をしている人』や『過去に債務整理や自己破産した人』『任意整理、特定調停、個人再生の債務支払い中』などいわゆるブラック属性を融資対象にしています。

ブラックとは信用情報に異動(事故)が記録されている状態で、主に債務整理や自己破産をして5年以内、1年以内の延滞のいずれかに当てはまる人や3件以上の貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)から借入がある人のことです。

ただし、現在進行形で延滞中の方は借入審査に通ることはないのでご注意ください。(だからといって闇金、ソフト闇金、給料ファクタリングに手を出してはいけません。)

ご利用資格【 年齢 】

いつものフリーキャッシングは、申し込み時の年齢が満20歳以上〜65歳以下の方が利用できます。

20歳以上でも大学生の申し込みは受け付けていないのでご注意ください。

いつもと他の中小消費者金融を「申込年齢」で徹底比較
業者名申込年齢
いつも20歳以上65歳以下
セントラル20歳以上69歳以下
アロー25歳以上65歳以下
フクホー20歳以上
フタバ20歳以上69歳以下

ご利用資格【 職業 】

いつもは職業に制限はありません。アルバイトやパート、収入がある主夫・主婦の方、自営業者、経営者でも申し込み可能です。

いつもと他の中小消費者金融を「職業」で徹底比較
業者名アルバイト・パート自営業者・経営者
いつも
セントラル
アロー
フクホー×
フタバ

どの職業でも申し込めるのですが、お金を借りる相談所に寄せられた口コミからいつもはアルバイトやパートの方の審査通過率が低いようなので、申し込もうとお考えの方はご注意ください。

専業主婦(主夫)もご自身に収入がある場合や、配偶者の同意を得られれば、融資を受けられます。

審査に必要な書類

いつもに限らずキャッシング・カードローンの審査では必要書類を過不足なく提出できないと、それだけで審査否決(融資不可)となってしまうのでご注意ください。

  1. 本人確認書類(運転免許証と社会保険証など)
  2. 収入証明書

本人確認書類

いつものフリーキャッシングの申し込みには、本人確認書類が必ず必要になります

本人確認書類は、運転免許証などの写真付きの書類と社会保険証の2種類必要になるので忘れずに準備しておきましょう。

国民健康保険証の方は審査落ち(融資不可・審査否決)となるので国民健康保険証でも借入OKなセントラルにお申し込みください。

いつもの本人確認書類
顔写真付きの書類運転免許証
パスポート
住民基本台帳カード
保険証社会保険証※
※国民健康保険証の方はお申し込みいただけません。

本人確認書類は、メールやLINE、FAXで送ることになりますが、画像が不鮮明だと確認に時間がかかったり、再送になったりして余計な時間がかかります。ご注意ください。

また、申込みや提出書類に不備があった場合は、メールや電話で連絡が来ますので、知らない番号から電話がかかってきても無視しないように注意しましょう。

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類には有効期限があります。

有効期限が切れている本人確認書類としては認められないので他の書類を準備しましょう。

また、退職した会社からもらった健康保険証を使うのは、トラブルのもとです。きちんと会社に返却して使わないようにしましょう。

収入証明書

収入証明書は50万円以下の借入などの場合は原則として不要なのですが、提出した方が圧倒的に審査に通りやすいので準備しておきましょう。

収入証明書として利用できるのは「源泉徴収票や給与明細書(1ヶ月分〜)」などです。

いつもの収入証明書給与明細書(1ヶ月分〜)
源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの) など

収入証明書を提出すると限度額が上がることもあるので、抵抗を感じない人は提出しておくと良いと思います。

いつもの審査に通る基準

いつもの審査に通るのは、下の表のような方です。

勤務形態正社員、公務員、派遣社員、契約社員、自営業者、経営者
収入年収300万円以上
勤続期間1ヶ月以上
他社借入件数7件以内
他社借入金額年収の3分の1未満
※上記はアンケートサイトを通じていつも利用者へ取材を行い審査通過者の特徴を割り出しています。

他社借入件数にはいつも以外の消費者金融からの借入件数です。また、他社借入金額には消費者金融とクレジットカードのキャッシングが含まれるので注意してくださいね。

なお、いつもは銀行カードローンの借入金額を総量規制に含みませんが、審査の参考にはしているのでご注意ください。

年収の目安は300万円〜

いつもの審査に通る年収の目安は300万円〜です。当サイトが行なっているアンケートによると『月収20万円の会社員』の方でも審査に通っています。

なお、ここで言う年収とは手取り(所属税や社会保険を控除された後、実際に手にすることができるお金)ではなく総支払額のことです。

年収300万円以下でも絶対に審査に通らないというわけではなく、勤続年数が長かったり、お堅い仕事(公務員や金融機関、インフラ企業、地方の有名企業など)だとキャッシングできたと口コミがあります。

勤続年数の目安は1ヶ月〜

いつもの審査に通る勤続年数の目安は『1ヶ月以上』です。同規模のキャッシング・カードローンと比べると短め設定されているのが嬉しいですね。

勤続年数を同規模のキャッシング・カードローンと比較
業者名勤続年数
いつも1ヶ月以上
セントラル2ヶ月以上
アロー1年以上
フクホー3ヶ月以上
フタバ3ヶ月以上

最低限1ヶ月分の給料明細書があれば、キャッシングできる可能性はあります。

働きはじめてすぐで、まだ1ヶ月分の給料も出ていない場合は審査通過の可能性が低くなります。

もしどうしても現金が必要なら社会福祉法人が実施している緊急小口資金の貸付などを利用してなんとか乗り切りましょう。

他社借入件数は7件以内

いつもの審査に通った口コミで最大の他社借入件数は7件です。

他社借入7件でキャッシングできた口コミは、複数報告されているので、7件までなら審査通過の可能性は十分にあります

ただし、複数者からの借入は債務整理や自己破産、延滞の原因にもなるので返済計画を立ててなんとか乗り切っていきましょう。

他社借入件数の目安を他の中小消費者金融と比較
いつも7件
セントラル3件
アロー6件
プロミス0件
アコム2件
アイフル1件
レイクALSA1件
モビット2件

他社借入金額は年収の1/3未満

他社借入金額はご自身の年収の3分の1未満に抑える必要があります。

例:年収300万円なら最大で100万円まで。

なぜ年収の3分の1未満にしなければいけないかというと、いつもは消費者金融なので総量規制の対象となるからです。

総量規制|消費者金融の借入は年収の三分の一まで

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入れができないことを決めた貸金業法上の規制のことです。

2010年の貸金業法の改正の際に消費者の借り過ぎや多重債務化を防止するために設けられました。

貸付契約には「個人向け貸付け・個人向け保証・法人向け貸付け・法人向け保証」の4種類がありますが、総量規制の対象となるのは個人が事業性のないお金を借入れる「個人向け貸付」のみです。

具体的に言うと「消費者金融からの借入・クレジットカードのキャッシング」が総量規制の対象となります。

銀行は銀行法の管轄なので銀行のカードローンは総量規制の対象外となります。

違反すると罰則があるので、「本当は総量規制オーバーだから貸せないんだけど、内緒にしてくれるなら貸すよ?」なんてことはできません。

借りる側からすると「返すつもりなんだから、いくらでも貸してくれていいじゃないか!」と言いたくもなりますが、この法律が作られたのには理由があります。

いつもを含めて消費者金融からは年収の3分の1以下の金額しか借りることができません。

なお、総量規制対象外の銀行カードローンも最近は自主規制を行っているので年収の3分の1以上の融資を行っていません。

そのことを踏まえると消費者金融と銀行カードローンに違いはありませんね。

ブラック対応

いつものフリーキャッシングは5年以内の債務整理や自己破産をした方への融資実績が豊富です。

いつものブラック対応

  • 債務整理してから5年以内でも融資OK
  • 自己破産してから5年以内でも融資OK
  • 延滞解消してから1年以内でも融資OK
  • 任意整理支払い中でも融資OK

過去に債務整理や自己破産をした方もまずはいつもにご相談ください』といつもは公言しています。

その言葉通りにお金を借りる相談所に寄せられる情報でも、いつもは債務整理や自己破産、特に5年以内に金融事故を起こしてしまった方への融資実績がとても豊富です。

銀行のカードローンやプロミス、アイフル、アコムなどの大手消費者金融で借りられなかった人がいつもなら融資を受けられたと言う嬉しい声をたくさんいただいています。

無職は審査に通らない

無職やご自身に収入のない主夫・主婦は消費者金融や銀行カードローンの審査には通りません。法律で「返済能力がない人(=収入のない人)への貸付は禁止」されているからです。

延滞中は審査に通らない

今まさに『延滞中』の方は消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードの審査には通りません。ちなみに延滞中には、以下のものが含まれます。

  • 銀行からの借入
  • クレジットカードの支払い
  • 消費者金融からの借入
  • 家賃の支払い(家賃の賃料保証会社と契約している場合)
  • スマホ・携帯電話の支払い

スマホ代の延滞でお金を借りられない人が増えているのでご注意ください。

クレジットカードや携帯電話の割賦払いの延滞は、大体3ヶ月くらいで個人信用情報に記録されます。(これをブラックリストや金融ブラック、単にブラックになると呼ぶことがあります)

一方、消費者金融の返済は1週間程度の遅れ、特に街金レベルの業者は1日2日の遅れでもすぐにも個人信用情報機関に登録するのでご注意ください。

個人信用情報機関に延滞中と記録されてしまうと、新たな借入が困難になるだけでなく、すでに借入している業者からも返済を早めるように催促されるようになります。

総量規制オーバーは審査に通らない

消費者金融は年収の3分の1を超えて融資することができません。これを総量規制と言います。

いつもは総量規制の対象となる消費者金融なので、たくさん融資したくても年収の1/3までしかできません。

なお総量規制の対象外として銀行カードローンが紹介されることもありますが、財務省主導の銀行業界の自主規制で年収の1/3を超える融資を禁止しています。

在籍確認の電話なしも可能

いつもの在籍確認

  • 勤務先への電話なしもOK
  • 電話をする場合も会社バレしないように最大限の配慮をしてくれるのが嬉しいですね

いつもは在籍電話なしで契約することも可能です。ただし、審査の状況によっては勤務先への電話が行われるケースもあるのでご注意ください。

いつもの在籍確認の電話 上手くやるコツ

もしも在籍確認が勤務先への電話が行われた場合の対処法

電話は会社名ではなく個人名でかけてきてくれますが、本人は不在でも大丈夫です。その会社に在籍していることが確認できればOKです。

「在籍確認の電話」ケーススタディ1
消費者金融:電話

大竹と申しますが、三村一樹さんをお願いしたいのですが?

勤務先の電話

三村にかわります。
三村は今席を外しています。
三村は本日、お休みをいただいております。

電話に出た人が上記のような返答をすれば在籍確認はOKとなります。

仮に本人が電話に出た時は、生年月日や氏名など簡単な確認が行われる場合があります。

最近は、仕事関係のやりとりも携帯電話でするのが一般的で、職場に個人名で電話がかかってくることはあまりないかもしれません。

事前にお願いしておけば、電話をかけてくる人の性別や年齢、時間帯が指定できます。気になる人は、本人確認の電話の時にお願いしておきましょう。

個人情報保護で在籍確認の電話がうまくいかない!?

最近は、コンプライアンス(法律や社内規則を守ること)が厳しく言われているので、在籍確認の電話がうまくいかないケースもあるようです。

「在籍確認の電話」ケーススタディ2
勤務先の電話

個人情報保護のため、三村が在籍しているか否かの回答も含めて、一切お答えできません。

消費者金融:電話

では、改めて本人の電話にかけてみます。

このような場合は、本人に改めて電話やメールで連絡があります。対策としては「本人確認の電話に自分が出る」、「自分宛に電話がかかるから繋いでほしい」と頼んでおきましょう。

在籍確認で同僚にバレないようにする方法

在籍確認の電話で借金がバレることはないのですが、それでも不安を感じている方のために、いくつか対処法をご紹介します。

  1. 「クレジットカードを作ったから、在籍確認の電話がかかる」と言っておく
  2. 「親族・友人・知人が引っ越しする際に、賃貸契約の連帯保証人になったから、確認の電話がかかる」と言っておく

クレジットカードの審査でも在籍確認の電話を行うことがあるので、言い訳として通用します。

また最近は、賃貸契約を結ぶ際に保証会社を使うことが多いのですが、保証会社から連帯保証人を求められることがあります。そこで連帯保証人になると、契約内容についての確認の電話が勤務先にかかります。これを言い訳として利用します。

どちらの方法も絶対ではありませんが、うまく切り抜ける言い訳として使ってみてください。

17時30分までの審査完了で即日融資できる

いつものフリーキャッシングは、17時30分までに審査完了すれば、十分に即日借入が可能です。

申込みから審査完了までとくに問題がなければ、最短45分で審査結果が通知されます。

ちなみに、管理人がいつもで融資までかかった時間は1時間でした。

※審査時間は申込者ごとに異なるので、即日借入れを希望する場合は、時間に余裕をもって申込みましょう。

審査時間は最短45分

いつものフリーキャッシングの審査時間は、最短で45分で審査結果がメールまたは電話で通知されます。

もちろん、最短というだけで必ず45分で審査結果が通知されるわけではないのでご注意くださいね。

いつもの審査で時間がかかる場合

長い連休明けの平日は審査に時間がかかる

特に長い連休明けの平日(ゴールデンウィーク明けの平日やお盆明けの平日など)は、申し込みが殺到するので、審査時間が長引く傾向があります。

基本的に審査は申し込み順で行われるので、休みの日でも深夜でも早め早めに申し込んでおくと安心です。

入力間違いがあると審査に時間がかかる

入力間違いがあると確認のため審査に時間がかかります。

特に間違いが多いのは以下の通りです。

  • 漢字の変換ミス
  • 電話番号
  • メールアドレス

電話番号は自分の携帯電話と勤務先の電話番号を入力することになりますが、間違いがとても多いそうです。

また、メールアドレスが間違っているといつもからの連絡が届きません。これも間違いがとても多いそうです。

運転免許証などの画像が不鮮明だと審査に時間がかかる

運転免許証などの確認書類は、メールやLINEからスマホで撮影した画像を提出します。

その撮影した画像が不鮮明だと再提出を求められたりして、審査に時間がかかってしまいます。

特に多い画像関連のトラブルは以下の通りです。

  • 画像が暗い
  • 照明が反射して画像の一部が読み取れない
  • 画像が切れている
  • 運転免許証の裏面を提出し忘れている

5年以内に債務整理や自己破産をしていると審査に時間がかかる

いつもは5年以内に債務整理や自己破産をした方も融資の実績がありますが、審査には若干時間がかかります。

弊社のアンケートでは即日融資できた方もいますが、平均で1〜2日程度かかることが多いようです。

土日の申し込みは翌営業日に審査が行われます

土日に行われた申し込みは、翌営業日(多くは月曜日)に審査が行われます。

アコムなど大手消費者金融では土曜日や日曜日でも審査が行われていたり、自動契約機のあるセントラルなども土曜日や日曜日に融資を受けることができます。

土日にお金が必要になりそうなら早めに申し込みをしておくか、アコムやセントラルなど検討しましょう。

1次審査(仮審査)に落ちたらメールで連絡あり

いつもは1次審査(申込フォームの入力内容をもとにした仮審査)に落ちた場合、メールで連絡があります。

1次審査にどれだけ時間がかかったとしても1日もかかりません。

申し込みをしてから、1日以上経っても連絡がなければ、いつもからのメールが迷惑フォルダに届いていないか確認してみてください。

また、審査状況が気になるようなら直接いつもに電話しても問題ありません。電話をしたからと言って、審査に悪影響になることは全くありません。

いつもの審査は甘い?

審査が甘いと言う言葉が、誰でも無審査で借りられると言う意味なら、いつもは審査が甘いとは言えません。

そもそも正規の貸金業者では審査なしで融資を行う事はありません。

しかし、金融事故(債務整理や自己破産、延滞など)を起こした人にとってみると、銀行カードローンやプロミスやアイフルよりも審査が甘いと言っても過言ではありません。

もちろん、審査が甘いといっても審査が簡単と言うわけではなく、申し込みができる門前払いされない、と言う意味です。

いつもは金融事故を起こした人に対する融資実績が豊富です。

他社では借り入れが難しい人にとってはいつもが最適と言えるかもしれませんね

まとめ

最後に、いつもの審査に簡単に通るための審査基準をおさらいしましょう。

いつもの審査基準
年齢20歳以上65歳未満
職業どの職業でも申し込みOK(アルバイト・パートは若干不利)
収入300万円以上
勤続年数1ヶ月以上
他社借入件数7件以内
他社借入金額年収の3分の1未満
ブラック対応債務整理してから5年以内でも融資OK
自己破産してから5年以内でも融資OK
延滞解消してから1年以内でも融資OK
任意整理支払い中でも融資OK
審査落ち収入のない無職
延滞中
総量規制オーバー
必要書類本人確認書類(運転免許証など)
健康保険証
収入証明書
在籍確認
  1. 『勤務先への電話なし』対応も可能。まずは相談!
  2. 電話がある場合:偽名・架空の会社名で電話をかけることも可能
  3. 電話がある場合:電話をかける時間も相談可能

いつもの審査の特徴

  • 柔軟な審査対応
  • 債務整理や自己破産をした方への融資実績が豊富

いつもの良い点、メリット

  • 最短45分で即日融資も可能
  • 60日間金利ゼロ(無利息)
  • 郵送物なし
  • 在籍確認なしも可能
  • プロミス、アイフル、アコム等大手業者とは異なる柔軟な審査
  • 自己破産や債務整理、延滞の経験があっても借り入れの可能性大(要審査)
  • 他社借入があっても借り入れの可能性大(要審査)

いつもの悪い点、デメリット

  • 銀行カードローンと比べて金利が高い
  • 総量規制の対象となる(年収の3分の1以下の金額しか借入れできない)
  • おまとめ専用ローンも用意されているが高金利のためおまとめには向かない
  • パート・アルバイトの方は、同規模のキャッシングカードローンと比べて不利

いつもはどんな人に向いている?

  • 2社目、3社目の借入先を探している人
  • プロミスやアコム、アイフル、レイクALSA、モビットなど大手消費者金融の審査に落ちた人
  • 5年以内に自己破産をした人
  • 5年以内に債務整理をした人
  • 任意整理支払い中の人
  • 1年以内に延滞をした人
  • 自分の信用情報に自信がない人(つまり自分が金融ブラックと自覚している人)

いつもを検討するなら人気や評判だけでなく、審査基準やメリット・デメリットもきちんと知っておきましょう。

他のローンと比較して、ベストなカードローンを見つけてくださいね!

いつものお申し込み・ご相談はこちらから

いつもの名を語った悪徳業者もいるので、必ず公式ページ「https://www.126.co.jp/」からお申込みくださいね。

いつも

実質年利限度額審査
スピード
融資
スピード
4.8%~18.0%最大500万円最短45分最短45分※
アルバイト・パート自営業者・経営者個人事業主ブラック
在籍確認の電話収入証明書
あり必要

※注1:必要書類が揃っていれば平日17:30までの申し込みでOK
※注2:郵便物なしで契約可能です

ブラック対応の中小でもっとも即日で借りやすく、郵便物なしで借入できる中小金融業者の一つ。最大60日の無利息期間も魅力的。

  • 即日融資は必要書類が手元に全てそろっていれば17:30までの申込みでOK!
  • 最大60日の無利息サービス
  • 在籍電話なし
  • 審査なしで枠内の借入OK
  • 郵送物なし
  • 大手にはない柔軟な審査
  • 金融ブラック対応(要審査)
  • 5年以内の自己破産や債務整理も融資OK(要審査)
  • 他社借入(4件以上)の方もお申込みいただけます

いつも公式サイトはこちら

いつも審査の口コミ

ここではいつもで実際に審査を受けた方の口コミをご紹介します。

  • 24歳・男性・会社員
    審査で気になっていたのは在籍確認の電話でしたが、社会保険証を提出すれば勤務先への電話なしにできました。会社バレが怖かったので本当に助かりました。いつもで最初にキャッシングしたのは20万円でしたが、毎月の返済額が大きく無いので生活自体に負担はありませんね。いつもは私みたいに勤続年数が短くても借りられたのでおすすめですよ。
    年収勤続年数利用目的申込先
    280万円0年6ヶ月生活費いつも
    住所保険証運転免許証融資額
    東京都社会保険あり20万円
    他社借入事故(ブラック)歴
  • 34歳・男性・会社員
    家族が急病になり、その治療費・生活費のために借り入れました。医療保険には入っていたのですが、母が働けなくなってしまい、生活費がなくなってしまったのです。ネットから申し込みましたが、当日メールで審査に通過したという連絡がありました。限度額の50万円をキャッシングして家族に渡しました。
    年収勤続年数利用目的申込先
    380万円2年6ヶ月医療費いつも
    住所保険証運転免許証融資額
    東京都社会保険あり50万円
    他社借入事故(ブラック)歴
    なしなし

当サイトでは皆様からの情報をお待ち致しております。キャッシングを利用した感想や金融業者の対応等、お寄せいただければ幸いです。当サイトに掲載させていただいたユーザー様には、些少ですがお礼もご用意いたしております。

おすすめキャッシング・カードローン(柔軟な対応力重視型)

いつも

高知県の「担保なし+保証人なし」の消費者金融。ネット申し込みで全国どこからでも来店不要で最短即日融資できます。申し込みは20歳以上で勤続年数2ヶ月からOK。独自審査で「他社では審査に落ちたけどいつもなら借りられた」と嬉しいクチコミ多数あり。

◎最短45分で即日融資も可能!
◎60日間金利ゼロ(無利息期間)
◎郵送物なし。家族にバレない♪
◎在籍確認なしも可能。会社にバレない♪

セントラル

「パーソナルクレジットセントラル」や「マイレディス」というキャッシングサービスを展開する株式会社セントラルは、愛媛県松山市に本社がある創業40年以上の老舗消費者金融です。全国的な知名度はありませんが、東京や横浜、中国四国地方を中心に十数店舗を展開する地元ではお馴染みの優良企業です。

◎最短30分で即日融資も可能!
◎30日間金利ゼロ(無利息期間)
◎セブンイレブンで24時間365日いつでも借入OK!
◎在籍確認なしのWEB完結!会社にバレない♪

アロー

「過去に債務整理や自己破産をした方もまずはアローにご相談ください」と公言する愛知県のネット専門キャッシング業社。サイト開設10年のお金を借りる相談所でも人気があり、融資実績も豊富で安心安全にお金を借りられるオススメ消費者金融です。

◎最短45分のスピード審査で即日融資も可能!
◎WEB完結。郵便物なし
◎債務整理や自己破産、延滞した方への融資実績豊富

  • この記事を書いた人

お金を借りる相談所 編集長

20年ほど前に借金300万円を債務整理して、過払い金返還請求訴訟をした経験があります。信用情報機関の異動(事故)情報が削除されるまでは、借入先を探すのに本当に苦労しました。だから、本当にお金を借りたい人に必要な情報をお届けしたいと思い、「お金を借りる相談所」を運営しています。
経歴
京都大学文学部人文学科卒業
京都大学大学院文学研究科中退
長崎大学大学院長崎純心大学大学院人間文化研究科人間文化専攻単位取得退学
株式会社リクルートに10年間勤務し、独立。現在、はるデザイン合同会社の代表としてWebデザイナー、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーとして活動しています。
資格:ファイナンシャルプランナー、臨床心理士

-いつも
-, ,