奨学金を借りるときは親族や家族を連帯保証人にせずに機関保証を利用しよう

https://hajimetecashing.com/okanekariru

お金のコラム

奨学金を借りるときは親や親族を連帯保証人にせずに機関保証を利用しよう

2021年1月29日

日本の奨学金は返済の義務があるので学生ローンや借金と同じものです。また奨学金は返済期間も長くまた返済が遅れた時の取り立ても厳しいので自己破産等のリスクがあります。返済できなくなることも想定して保証人は親や親戚ではなく機関保証を利用するのが賢明です。

奨学金を借りる時には必ず連帯保証人が必要

連帯保証人とはもし学生本人が返済をできなくなったときに代わりに返済の義務を負う人のことです。

奨学金の連帯保証人としては親や親族が一般的ですが、機関保証でも問題ありません。

機関保証とは保証料を支払うことで保証人の代わりをしてくれる機関のことです。

もし自己破産をして、本人の奨学金の返済が免除されたとしても、債務はなくならず、連帯保証人や保証人に移ります。

親が連帯保証人となっていた場合、想定外の返済義務を負わされてしまい、その親までもが自己破産をしてしまうという自己破産の連鎖が起こることが多いようです。

機関保証を利用すれば、こうした最悪な事態を避けることができます。

もちろん、保証人となる親や親戚の経済力が盤石である、返済に困ることはないという自信があるなら、親や親戚を保証人にしてもいいと思います。そうすることで保証料を機関保証に支払う必要がなくなります。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大・パンデミックが起こることを誰も予想できなかったように、今は経済的に余裕があっても将来どうなるかは誰にもわかりません。

奨学金を返済できずに自己破産することは決して恥ずかしいことではありません。借金をチャラにして再出発すればいいのです。

しかし、親や親族を巻き込んでしまうと信頼や友愛といったお金以外のものを失うことになってしまいますし、壊れた人間関係は一生元には戻らないかもしれません。

こうしたことを踏まえると、当サイトの管理人は可能な限り機関保証を利用することをおすすめします。

機関保証を利用するのは次のようなケースです
  • 奨学金を100万円以上借りる予定
  • 親や親族が資産家ではない
  • 返還が困難な状況が想定できる(新型コロナパンデミックのように予想外の出来事が起きるかもしれません)

参考:機関保証について(独立行政法人日本学生支援機構)

おすすめキャッシング・カードローン(柔軟な対応力重視型)

いつも

高知県の「担保なし+保証人なし」の消費者金融。ネット申し込みで全国どこからでも来店不要で最短即日融資できます。申し込みは20歳以上で勤続年数2ヶ月からOK。独自審査で「他社では審査に落ちたけどいつもなら借りられた」と嬉しいクチコミ多数あり。

◎最短45分で即日融資も可能!
◎60日間金利ゼロ(無利息期間)
◎郵送物なし。家族にバレない♪
◎在籍確認なしも可能。会社にバレない♪

セントラル

「パーソナルクレジットセントラル」や「マイレディス」というキャッシングサービスを展開する株式会社セントラルは、愛媛県松山市に本社がある創業40年以上の老舗消費者金融です。全国的な知名度はありませんが、東京や横浜、中国四国地方を中心に十数店舗を展開する地元ではお馴染みの優良企業です。

◎最短30分で即日融資も可能!
◎30日間金利ゼロ(無利息期間)
◎セブンイレブンで24時間365日いつでも借入OK!
◎在籍確認なしのWEB完結!会社にバレない♪

アロー

「過去に債務整理や自己破産をした方もまずはアローにご相談ください」と公言する愛知県のネット専門キャッシング業社。サイト開設10年のお金を借りる相談所でも人気があり、融資実績も豊富で安心安全にお金を借りられるオススメ消費者金融です。

◎最短45分のスピード審査で即日融資も可能!
◎WEB完結。郵便物なし
◎債務整理や自己破産、延滞した方への融資実績豊富

  • この記事を書いた人

お金を借りる相談所 編集長

20年ほど前に借金300万円を債務整理して、過払い金返還請求訴訟をした経験があります。信用情報機関の異動(事故)情報が削除されるまでは、借入先を探すのに本当に苦労しました。だから、本当にお金を借りたい人に必要な情報をお届けしたいと思い、「お金を借りる相談所」を運営しています。
経歴
京都大学文学部人文学科卒業
京都大学大学院文学研究科中退
長崎大学大学院長崎純心大学大学院人間文化研究科人間文化専攻単位取得退学
株式会社リクルートに10年間勤務し、独立。現在、はるデザイン合同会社の代表としてWebデザイナー、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーとして活動しています。
資格:ファイナンシャルプランナー、臨床心理士

-お金のコラム
-