キャレント|借りやすい法人専用ローン

https://hajimetecashing.com/okanekariru

キャレントの審査と審査時間、在籍確認の電話。審査に不安がある方へのアドバイス

キャレントの審査と審査時間、在籍確認の電話。審査に不安がある方へのアドバイス

キャレントのスーパーローンは設立1年以上の法人が利用できる担保・保証人不要の事業性ローン。最短で即日融資できる利便性で人気があります。

消費者金融 スタッフ

確実に借入するためにキャレントの申し込み条件や審査ポイントを事前に確認しておくと安心です。

キャレントの申し込み条件

まずはキャレントの申し込み条件を確認しておきましょう。

申し込み条件

  • 法人設立1年以上の方(個人事業は不可)
  • キャレントの利用がはじめての方
  • 資金使途が事業資金であること(事業を営んでいる法人であること)
  • 決算書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画をご提出いただけること
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること

申し込み条件をそれぞれ簡単に解説いたします。

法人設立1年以上の方(個人事業は不可)

キャレントは法人向けの事業性ローンなので、個人事業主の方はお申込みいただけません

個人事業主の方は個人向けの消費者金融からの借入をご利用ください。

また、融資は会社設立後1年を経過した法人が対象となります。決算を経ていない法人は対象外なのでご注意ください。

キャレントの利用がはじめての方

過去にキャレントを利用したことがある方はキャレントの会員専用ページか会員専用ダイアルから追加融資をお申込みください。

資金使途が事業資金であること(事業を営んでいる法人であること)

キャレントは事業性ローンなので当たり前ですが、融資は事業資金としてご利用ください。

個人の借入で多い生活費や葬式、旅行などにはご利用いただけません

また、今現在、事業を行なっている会社が融資対象です。実態のない休眠会社やペーパー会社を利用した申込みは厳禁です。

決算書およびキャレント所定の事業計画・収支計画・資金計画を提出できること。

決算書が必ず必要となります。

事業性ローンという性格上、キャレントの審査には決算書の提出が必ず必要になります。

決算書としては「貸借対照表、損益計算書、法人税申告書、地方税申告書などの控え」を利用します。

提出するのは税務署に提出して控えのハンコを押してもらった書類のコピーです。ハンコなしの決算書類を勝手にでっち上げるのは厳禁です。

キャレント所定の事業計画・収支計画・資金計画が必ず必要となります。

キャレントの審査には所定の事業計画・収支計画・資金計画の提出が必ず必要となります。

公的機関や銀行からの融資経験があれば問題ないのですが、はじめて事業計画や収支計画を立てるのは時間がかかるかもしれません。

もし不安なら書式の違いはありますが、本屋さんやネット上にある「事業計画書の書き方」を一読しておくと安心です。

私が公的機関から融資を受けた経験から一つアドバイスをするとすれば、審査に通りたいために売上や経費の見通しを甘くすると後で苦労しますし、審査担当者にも不審がられます。

赤字になる計画を提出する必要はありませんが、過去最高益を更新するような計画を出すと根拠を詰められて冷や汗をかくことになるのでご注意ください。

借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること。

キャレントは事業者向け融資なので年収の1/3までしか借入できない総量規制の対象外です。

総量規制の対象外ではありますが、担保・保証人不要という性質上、借入できるのは年収(年商)や他社借入額、収支予測などを考慮した金額となるのでいくらでも借入できるわけではありません。

キャレントの審査

すでに紹介した申込み条件以外に重要な審査ポイントを紹介します。

審査ポイント

  • 代表の個人信用情報

キャレントを紹介するサイトの中ではブラックOKや個人向け融資OKのような記述をしている無責任なものもあるようです。

キャレントは設立1年以上の法人向け事業者ローンです。個人や個人事業主の方は対象外なのでご注意ください。

代表の個人信用情報

キャレントのスーパーローンは法人向けの金融サービスですが、無担保・無保証という性質上、代表者の個人信用情報も重視されます。

代表者の方が今まさに延滞中の場合は審査に通る可能性はほぼありません。また、過去に債務整理や自己破産歴があって5年を経過していない場合は審査は慎重で厳しいものになります。

キャレントの審査時間

キャレントは平日の14時までに「申込み→審査→契約(必要書類のFAX)」の手続きを完了すると即日借入も可能です。

審査も即日融資できるようにスムーズに行われます。

キャレントの審査に通った方の話を総合すると審査時間は約30分〜2時間程度のようです。もちろん、必要書類が準備できなかったり、提出書類に不明な点があるともっと時間がかかります。

キャレントの在籍確認

個人向け融資では審査の一環として勤務先の在籍確認が行われることがあります。

キャレントは法人向け融資ですが在籍確認に似たような形で電話がかかります。

電話は個人名でかかってくるので従業員に借入の件だとバレることはないのでご安心ください。

電話の内容は、本人確認や会社の業務内容、借入理由などの簡単な質問です。難しく考えることはなく、落ち着いて返答すれば問題ありません。

キャレントの金利

キャレントの金利:7.8%〜18.0%

キャレントの金利は7.8%〜18.0%です。

一般的に金利は借入額によって変化します。借入額が大きくなるほど金利は下がります。貸金業法上10~100万円の借り入れの金利上限は18%、100万円以上の借入は金利上限15.0%となっています。

銀行や公的機関からの借入と比べると高めの金利設定ですが、担保・保証人不要というメリットがあるので仕方ありません。

しかし、金利負担も考えるとあまり長期にわたる返済計画を立てると、事業運営の首を絞めることにもなりかねません。余裕があるときは一括返済や繰上げ返済を利用して金利負担を減らすようにしてキャレントと上手く付き合っていきましょう。

キャレントの借入限度額

キャレントの借入限度額:最大500万円

キャレントの借入限度額は最大で500万円に設定されています。

貸金御者の個人向け融資の場合は、年収の1/3までしか借入できない総量規制がありますが、キャレントは法人向け融資なので総量規制の対象外です。

キャレントで実際に借りられる額

申込みをした法人が借りられる実際の借入額は、申込時の年商(年収)や代表者の個人信用情報、収支計画の妥当性などでかわってきますが、100万円〜300万円の融資可決が多いようです。

キャレントの借入方法

キャレントの借入は銀行振込みを利用する振込みキャッシングです。

初めての借入

はじめてキャレントに申し込みをして即日融資を狙うなら14時までに「申し込み→審査→契約」までの手続きを完了しておく必要があります。

契約に際しては必要書類をFAXで送ることになるので予め準備しておくと即日融資の可能性が高まります。

審査や契約手続きにかかるもろもろの時間を考慮するとできれば午前中までに申し込みをしておくと安心です。

2回目以降の借入

キャレントの借入は限度枠内なら審査なしではないので、追加融資のたびに審査を受ける必要があります。

事業性融資は総量規制の対象外なのでいくらでも借入できるイメージもありますが、年収(または年商)や他社借入を考慮して慎重な審査になるのでご注意ください。

キャレントの返済方法

キャレントの返済方法は銀行振込と銀行振替(自動引き落とし)の2つが用意されています。

自動引き落としが便利ですが、利用できるのは三菱東京UFJ銀行に預金口座がある方だけとなっています。

口座のない方は銀行振込を利用することになります。なお振込手数料は利用者負担なのでご注意ください。

キャレントの月々の返済額

キャレントの返済方式は、元金均等返済方式となっています。

元利均等返済は毎月の返済額(元金と利息の合計額)が初回返済から最終返済まで均一な返済方式です。毎月の返済額が同額なので、計画的な返済計画が組めるメリットがあります。

と言われても具体的に月々いくらの返済になるのか分からないと不安なので、次に返済金額を紹介します。

キャレントの月々の返済金額
借入残高 毎月の返済額(最低返済額)
50万円 17,691円〜
100万円 34,114円〜
200万円 68,228円〜
300万円 102,341円〜
400万円 136,455円〜
500万円 170,568円〜
上記は36回払いの返済例(金利:100万円未満は18%、100万円以上は15%で算出)。あくまでも目安なので返済の最初または最終の支払い額が上記と異なる場合もあります。

キャレントの貸付条件

限度額 最大500万円
金利 7.8%~18.0%
遅延損害金年率
(実質年率)
20.0%
返済方式 元金均等返済方式
契約・返済期間 借入日から最長10年(120ヶ月)
返済回数 最長120回
担保 原則不要
連帯保証人 原則不要
必要書類
  1. 本人確認書類(健康保険証、運転免許証)
  2. 登記事項証明書
  3. 決算書
  4. キャレント所定の事業計画書・収支計画書・資金計画書
申し込み条件
  • 法人設立1年以上の方(個人事業は不可)
  • キャレントの利用がはじめての方
  • 資金使途が事業資金であること(事業を営んでいる法人であること)
  • 決算書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画をご提出いただけること
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること

キャレントの会社情報

商号 株式会社IPGファイナンシャルソリューションズ
住所 東京都品川区西五反田7-13-5 DK五反田ビル6F
貸金業登録番号 東京都知事(3)第31399号
日本貸金業協会会員 第006016号

キャレントの申込みから融資までの流れ

キャレントの申込方法は「インターネット」のみとなっています。

審査結果もメールで通知されるので全国どこからでも来店不要で振込融資を利用することができます。

ネット申込みは24時間受け付けですが、夜間の受付の場合には、審査の回答が翌日になるので予めご了承ください。

step
1
ネット申し込み

  • お申し込みかかる時間は最短3分
  • 担保・保証人は原則不要
  • 借入限度額は最大500万円
  • 金利は7.8%〜18.0%
  • 最短で、即日融資可能

step
2
審査

  • 審査完了後、メールで審査結果が通知されます。

step
3
契約

  • 必要書類を郵送またはFAXで提出します。

step
4
借入

  • 借入は銀行への振込融資となっています。

キャレント|お申し込みご相談はこちらから

キャレントのスーパーローンは設立1年以上の法人が利用できる事業資金専用の金融サービスです。全国どこからでも簡単に申込むことができる利便性でとても人気があります。

管理人

銀行と違って担保・保証人は原則不要で最短即日融資できるのは嬉しいですね

融資額 最大500万円 実質年率 7.8%~18.0%
融資スピード 最短 即日融資 即日融資可能な
申込時間
平日13:00
※注1
郵便物 あり おまとめローン
担保・保証人 不要 非正規 ×

※注1:審査状況によっては翌日以降のご融資となる場合がございます

キャレント公式サイトはこちら

編集部おすすめのキャッシング人気ランキング

キャッシング人気ランキング

キャッシング・カードローン人気ランキングは以下の基準で作成されています。

・当サイトのアクセス数(過去1年分)
・当サイトへ寄せられたクチコミ体験談(過去1年分)
・当サイト制作スタッフが実際の利用経験

いつも

いつもはお振込まで最短45分で即日融資もできる利便性で人気のキャッシング。在籍確認も安心♪

即日融資の対象は「必要書類が手元に全てそろっていれば17:30までの申込みで即日借入可能」となっています。

いつもの特徴

  • 最短45分で即日融資も可能!
  • 60日間の無利息期間あり!
  • 郵送物なしのWEB完結!家族にバレない♪
管理人

在籍確認も安心♪まずはいつもにご相談ください。

セントラル

セントラルはお振込まで最短30分で即日融資もできる利便性と創業40年以上の老舗ならではの安心感で人気のキャッシング。在籍確認も安心♪

即日融資の対象は「必要書類が手元に全てそろっていれば17:30までの申込みで即日借入可能」となっています。

セントラルの特徴

  • 最短30分で即日融資の可能!
  • 30日間の無利息期間あり!
  • 在籍電話なしも可能!
管理人

セントラルは中小消費者金融の中では即日で借りやすく、債務整理・自己破産歴があっても申し込み可能なのが嬉しいですね。

アロー

アローはお振込まで最短45分で即日融資もできる利便性で人気のキャッシング。

過去に債務整理や自己破産をした方もまずはアローにご相談ください!

アローの特徴

  • 最短45分で即日融資も可能!
  • 在籍電話なしも可能!
  • 過去に債務整理や自己破産をした方もまずはご相談ください!
管理人

過去に債務整理や自己破産をした方もまずはアローにお申し込み・ご相談ください

フタバ

中小でもっとも借りやすいキャッシングの一つ。過去ではなく今を重視する独自審査で柔軟な対応が魅力です。

アルコシステム

5ちゃんねるで評判のよい中小消費者金融。ここがダメなら正直もうどこからも借入できないかも。

  • この記事を書いた人
奥野めぐみ

奥野めぐみ(監修・執筆)

資格:2級FP技能士、証券外務員一種
経歴:早稲田大学商学部卒業後、証券会社で営業を経験。出産を機に、フリーライターへ。主にマネー・教育について執筆。シングルマザー。

-消費者金融のキャッシング, キャレント
-, , ,

Copyright© お金を借りる相談所 , 2020 All Rights Reserved.