無理なく支払える借金返済額の計算方法。返済計画の失敗例を考察

https://hajimetecashing.com/okanekariru

返済

無理なく支払える借金返済額の計算方法。返済計画の失敗例を考察

中小消費者金融おすすめランキング
【まず確認】融資先は自分に合った業者を選ぶのがポイント!

柔軟な審査力だからでオススメできる「セントラル」「いつも「アロー

1位 セントラル

セントラルは最短30分で即日融資可能。過去に任意整理や特定調停、個人再生、自己破産をした方もまずはセントラルにご相談ください

2位 いつも

いつもは最短45分で即日融資可能。過去に任意整理や特定調停、個人再生をした方も審査対象、借入可能

3位 アロー

アローは最短45分で即日融資可能。過去に債務整理や自己破産した方もまずはアローにご相談ください

無理なく支払える借金の返済額を知っていれば、借金は決して怖いものではありません。

この記事では適正な借金返済額の計算方法の解説と、返済計画を立てずに借金した人からお話を伺っています。安心安全なキャッシング・カードローン生活のためにぜひお役立てくださいね。

借金の返済額は、収入の20%以下に抑える

家計の事情は、ぞれぞれ異なるので100%の正解はありませんが、借金の返済額は、収入の20%以下なら余裕のある返済となります。

例えば、手取り月収が20万円なら、20万円 × 20% = 4万円 以内が余裕のある返済額となります。

余裕のある返済額の例
手取り月収余裕のある返済額
10万円2万円以内
15万円3万円以内
20万円4万円以内
25万円5万円以内
30万円6万円以内
40万円8万円以内
50万円10万円以内

借金の返済額が、収入の30%を超えると、家計に無理が生じてきます。

例えば、手取り月収が20万円なら、20万円 × 30% = 6万円 を超えると家計破綻の可能性が出てくる返済額となります。

危ない返済額の例
手取り月収危ない返済額
10万円3万円〜
15万円4万5千円〜
20万円6万円〜
25万円7万5千円〜
30万円9万円〜
40万円12万円〜
50万円15万円〜

返済可能額=貯蓄できるお金と考えるとわかりやすい

家計収入から税金や社会保険料などの支払い義務がある非消費支出を差し引いた手取り給与、給料のことを、可処分所得、と言います。

給料明細書。手取り額

可処分所得は、会社から支給される給与から、所得税、住民税、社会保険料、を差し引いた金額です。

可処分所得から、公共料金の支払い、食費、衣類費、住居費、教育費、レジャー費、交際費を支出することになります。

支出して残りがあれば、それが余裕のある金額で、貯金もできますし、借金の返済にも使えるお金となります。

手取り18万5千円の場合
住居費(家賃・住宅ローン)7万円
水道・光熱費(水道・電気・ガス代など)1.2万円
食費(外食含む)4万円
通信費(インターネット・携帯電話など)0.8万円
生活必需品費0.5万円
自動車関連(保険・車検積立て)1.1万円
保険(医療保険)0.3万円
残り3.6万円

手取り給与が、18万5千円の場合、必要な支出をした後に残るのは3.6万円です。

この3.6万円が、貯蓄に回せる金額であり、借金の返済に当てることができる金額となります。

無理なく支払える借金返済額の計算方法まとめ

無理なくできる借金返済額の計算方法まとめ

  • 手取り額の20%以下に、借金返済額を抑える
  • 月々の収支を把握して貯金可能額=返済可能額と考える

人生初のキャッシングと返済計画|借金体験談

社会人2年目の夏。

2019年頃、大学時代にお世話になっていた先輩から「神戸で結婚式を挙げるので来てほしい。」と連絡がありました。

二つ返事でOKしたものの、その直後に転勤の辞令が。九州から東京へ転勤することになったのです。

転勤にともなう引越し費用は会社がその大半を負担してくれたのですが、この機会にと地デジ対応テレビを買ったり、部屋の大きさに合わせた家具を買ったりしているうちに、自分の貯金も底をついてしまったのです。

先輩の結婚式が給料日の前の週だったので、財布の中の現金が心もとない状態に……。

お金がないので結婚式に行かないというわけにもいかないので、人生で初めてキャッシングを利用することにしました。

必要なのは、ご祝儀代と二次会費用、交通費、宿泊費を考えて約20万円。

もしかしたら必要になるかもしれないと考えて、アコムから借入したのは30万円。

事前に返済シミュレーションも確認して、自分の収入で返済できることも確認していたので問題ない、はずでした。

しかし、2年経ってみると、もっと余裕を持った返済計画を立てるべきだったと後悔している自分がいました。

手取り21万6千円
住居費(家賃・住宅ローン)6.6万円
水道・光熱費(水道・電気・ガス代など)1.2万円
食費(外食含む)4.5万円
通信費(インターネット・携帯電話など)2.0万円
生活必需品費1.2万円
交際費2.0万円
保険(医療保険)0.3万円
残り3.8万円

月々の返済額は、約2万円。十分に返済できる金額のはずでしたが、テレワークに対応するために急遽パソコンを購入。12回払いのローンで、月々の支払額は1万2千円。

この時点でお金の余裕は無くなりましたが、急な出費にはなんとか対応できました。

しかし、その後も調子に乗って、Amazonで散財したり、アコムから少額の借金を繰り返したせいで、借金総額は、利用限度額いっぱいの50万円に膨らんでしまったのです。

今まで通りに月々2万円の返済だと、完済するのは3年後で、返済総額は約65万円になります。

50万円借りたのに、利息として余計に15万円も支払うなんて……(涙。。。

ここで返済に専念していればよかったのに、さらに別の消費者金融から借金を重ねてしまい、気がつけば、月々の返済は5万円に……。。。

今は、交際費を削り、食費を削り、生活必需品の出費を削り、してなんとか凌いでいる状態です。

自分の失敗例から、借金の返済計画は、2年、3年と長期で考えるべきだと思います。

自分が失敗したポイントを以下にまとめます。

  1. 必要なお金だけ借りればよかった
  2. 急にお金が必要になることが、必ずあるから少しでも節約して貯金しておけばよかった
  3. 2社目の借金のときは、もう返済のことなんて考えずに、借りてしまった

最初にアコムから借りたのは、30万円。本当に必要だったのは20万円だったので、10万円は余分に借りたことになります。

余分に借りた分は、結局、神戸のキャバクラや風俗で散財してしまった。借りなきゃよかったとホントに後悔しています。

それから、新型コロナ感染拡大という予想外の出来後があったので仕方のないですが、新たにパソコンを購入しました。

MacBook Airを買ったのですが、もっと安いパソコンでもよかったのでは?見栄を張っていたのでは?と降下しています。

今はあれこれ節約して返済していますが、これをもっと以前からやってたら、貯金もできただろうし、新たに借金することもなかったと思います。

2社目のセントラルから借りたときは、もう返済のことなんて何も考えずに、ただお金が必要だという一念に囚われていました。

もっと冷静に返済のことも考えていれば、別の方法もあったのでは……。

最後に、自分の失敗例を反面教師にして、無理のない借金をしてもらえたら、いいかなあと思います。

おすすめキャッシング・カードローン(柔軟な対応力重視型)

いつも

高知県の「担保なし+保証人なし」の消費者金融。ネット申し込みで全国どこからでも来店不要で最短即日融資できます。申し込みは20歳以上で勤続年数2ヶ月からOK。独自審査で「他社では審査に落ちたけどいつもなら借りられた」と嬉しいクチコミ多数あり。

◎最短45分で即日融資も可能!
◎60日間金利ゼロ(無利息期間)
◎郵送物なし。家族にバレない♪
◎在籍確認なしも可能。会社にバレない♪

セントラル

「パーソナルクレジットセントラル」や「マイレディス」というキャッシングサービスを展開する株式会社セントラルは、愛媛県松山市に本社がある創業40年以上の老舗消費者金融です。全国的な知名度はありませんが、東京や横浜、中国四国地方を中心に十数店舗を展開する地元ではお馴染みの優良企業です。

◎最短30分で即日融資も可能!
◎30日間金利ゼロ(無利息期間)
◎セブンイレブンで24時間365日いつでも借入OK!
◎在籍確認なしのWEB完結!会社にバレない♪

アロー

「過去に債務整理や自己破産をした方もまずはアローにご相談ください」と公言する愛知県のネット専門キャッシング業社。サイト開設10年のお金を借りる相談所でも人気があり、融資実績も豊富で安心安全にお金を借りられるオススメ消費者金融です。

◎最短45分のスピード審査で即日融資も可能!
◎WEB完結。郵便物なし
◎債務整理や自己破産、延滞した方への融資実績豊富

  • この記事を書いた人

お金を借りる相談所 編集長

20年ほど前に借金300万円を債務整理して、過払い金返還請求訴訟をした経験があります。信用情報機関の異動(事故)情報が削除されるまでは、借入先を探すのに本当に苦労しました。だから、本当にお金を借りたい人に必要な情報をお届けしたいと思い、「お金を借りる相談所」を運営しています。
経歴
京都大学文学部人文学科卒業
京都大学大学院文学研究科中退
長崎大学大学院長崎純心大学大学院人間文化研究科人間文化専攻単位取得退学
株式会社リクルートに10年間勤務し、独立。現在、はるデザイン合同会社の代表としてWebデザイナー、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーとして活動しています。
資格:ファイナンシャルプランナー、臨床心理士

-返済
-,