楽天カードのキャッシング機能はつけておいた方が安心《楽天カード体験レポ》

  1. HOME >
  2. クレジットカード >

楽天カードのキャッシング機能はつけておいた方が安心《楽天カード体験レポ》

20歳男性の楽天カード体験レポ

20歳・男性・東京
アルバイト・年収160万円・勤続年数6ヶ月

審査歴
楽天カード 審査可決

楽天カードはプロバイダーの支払いに使っているだけで、持ち歩く事もなかったのですが、つい最近非常に助けられました。

歯医者での治療が長期に渡った事と、自宅で転んで怪我をしてバイトを1週間休んだ事で現金が足りなくなってしまったのです。

最初は必要な物はカードで買えば良いとも思ったのですが、断れない飲み会などもあってやはり現金が必要になってきます。

どうしようかと思っていたところ、ふとカードでキャッシングが出来るという事を思い出したのです。

楽天カードを作った時にキャッシング機能は必要がないとも思いましたが、付けておいた方が安心かも・・と思った事が窮地からの脱出に繋がりました。

おかげさまで次の給料日までの間、問題なく生活する事が出来ました。

クレジットカードのキャッシングについて

今回の体験者さんは楽天カードのキャッシング機能で次の給料日までのちょっとしたお金の工面をしました。

急な出費に対処する方法は、銀行、消費者金融、クレジット会社とありますが、クレジットカードにもキャッシング機能があってお金を借りることができます。

クレジットカードで利用できるキャッシング枠は10~20万円が多いようです。その後のクレジットカードの利用履歴と返済実績、契約年数に応じて限度額を増額することもできます。ただし、50万円以上のキャッシング枠が必要な場合は、「収入証明書の提出」が必要となります。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードのキャッシングは貸金業法上の借り入れとなります。

つまり、消費者金融からの借り入れと同じ扱いです。

そのため、50万円以上のキャッシング枠を希望する場合には「収入証明書の提出」が必要となります。

クレジットカードの金利

クレジットカードのキャッシング枠の金利は18%になっている事が多く、消費者金融で借りる場合と変わらない金利です。支払い方法は一括とリボ払いが選べます。

既にクレカを持っていて、急にお金が必要になった人は、自分のクレカのキャッシング枠を調べて、利用するのが良いと思います。もしもに備えてクレジットカードを作っておくのも大事な生活防衛手段です。

  • この記事を書いた人

ミナミケイスケ(編集・監修・執筆)

専門知識: 京都大学大学院を修了し、12年間にわたり消費者金融情報サイトを主催・運営しています。また、貸金業務取扱主任者の資格と2級ファイナンシャル・プランニング技能士、行政書士、社会保険労務士の資格を保有しており、金融分野における幅広い知識と経験を持っています。
学歴: 京都大学大学院修了
職歴: 消費者金融情報サイトの主催者で12年の運営歴
資格: 貸金業務取扱主任者の資格、2級ファイナンシャル・プランニング技能士行政書士の資格、社会保険労務士の資格

-クレジットカード